活動仲間募集

スタッフ募集

キャンプ・留学生募集

キャンプ・留学生募集

online shop


USAキャンプ・スクール

JBAでは、「アメリカで本格的にバスケットを学びたい」そんなバスケット人の為の「道」を用意しました。

JBAのパートナーUSBA(United States Basketball Academy)が、毎年行なっているウィンタースクールを軸に参加し、アメリカ本場の指導を体験してみませんか?


USBA_camp

USBAインターナショナルスクールの歴史

2005年からスタートしたUSBAバスケットボールスクール

初年度(2005年10月〜2006年3月)
参加選手は、中国バスケットボール協会所属のプロチームが運営するジュニアから15名の選手が参加。
アシスタントコーチは、JBL日立の元ヘッドコーチで、全日本のアシスタントコーチも務めたことのあるボブ・ピアース氏(2008年度はbj滋賀のヘッドコーチ)が務めた。
2シーズン目(2006年10月〜2007年3月)
参加選手は約40名、クラスも2つに分かれて進められ、選手のモチベーションも上がりやすい環境になってきた。
ヘッドコーチは、NBAソニックスの元ヘッドコーチであるボブ・ヒル氏を父に持ち、自身も名門ケンタッキー大学のアシスタントコーチを務めた経験もあるキャメロン・ヒル氏。
さらに、このシーズンは若手の強化を図っている中国が18歳以下のジュニア選手を約2ヶ月間USBAに滞在させ、選手育成と指導者育成を行なっていた。
3シーズン目(2007年11月〜2008年2月)
参加選手は、大学・高校などで約30年の指導経験をもつジム・フライバック氏がヘッドコーチを担当、参加選手は約40名。

USBAインターナショナルスクールの特徴

1.スクール期間中、現地の高校や大学、一般、プロとのゲームができる。
注)その時のコーチのプランニングにより違いはあります。
2.元NBAのコーチや選手のクリニックを直接受けられることがある。
注)その時のコーチやチーム事情によりますが、今まで元NBAソニックス ヘッドコーチのボブ・ヒル氏やドリームチーム1のメンバーであるクライド・ドレクスラー氏もクリニックを行ないました。
3.大自然に囲まれているのでトレーニングに集中できる。
4.充実したトレーニング設備
(体育館・トレーニング室・シューティングマシーンなど就寝時以外使い放題)
5.外国の選手やコーチと友達になれる。
6.バスケットシーズン中は、テレビもバスケット一色(バスケット好きにはたまらない)

USBA施設の紹介

正門 体育館 トレーニング室
USBA正門 USBA体育館 USBAトレーニング室
大食堂 寮ロッジ コーチロッジ
USBA食堂 USBA寮ロッジ USBAコーチロッジ01
コーチロッジ アウトドアコート プール
USBAコーチロッジ02 USBAアウトドアコート USBAプール