もう一つの大会 U-12 熊本リーグDivisionⅠ(第9ステージ)

2018年7月1日(日)にもう一つの大会を開催しました。

【熊本U-12リーグ DivisionⅠ】

熊本Redbears A vs  カーリーズ vs 熊本ヴォルターズRTC 菊陽

結果は以下の通りです。

RTC vs 熊本

① 8 - 8
② 6 - 5
③ 3 - 11
④ 3 - 5

今回熊本Redbears Aは人数が規定に満たなかった為、勝ち点は以下となる。

熊本ヴォルターズRTC 菊陽 1勝2敗1分 勝ち点 3
熊本Redbears A 2勝1敗1分 勝ち点1

RTC vs カーリーズ

① 7 - 4
② 2 - 2
③ 2 - 2
④ 7 - 3

熊本ヴォルターズRTC 菊陽 2勝0敗2分 勝ち点 3
カーリーズ 0勝2敗2分 勝ち点 1

カーリーズ vs 熊本

① 5 - 6
② 8 - 6
③ 7 - 7
④ 6 - 3

今回熊本Redbears Aは人数が規定に満たなかった為、勝ち点は以下となる。

カーリーズ 2勝1敗1分 勝ち点 3
熊本Redbears A 1勝2敗1分 勝ち点 1

【勝ち点合計】

熊本Redbears A 11
カーリーズ 13
熊本ヴォルターズRTC 菊陽 12

【MVP】

熊本Redbears A トモヤ
カーリーズ ユウヒ
熊本ヴォルターズRTC 菊陽 ケイト

【総評】

『リングにアタック』
もうひとつの大会では、ルール創りに力を入れることで、自然に育成ができるように心がけています。
リングにアタック。各チームともリングにアタックする技術が初年度に比べると、大きく成長していると感じました。
これから、このU12の子どもたちが、楽しく試合を進めていき、U15になった時更に大きな花が咲くことだろうとわくわくします

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【Japan Basketball Academy 主催 もう一つの大会とは】

試験的な第一歩。
未来への第一歩。
将来への課題の問いかけ。

開催に至った経緯です。
日本国内の大会はトーナメントが主流のため、試合経験回数が個人によって差がとてもあります。
そのような不平等を解消すべく、以下の様な大会ルールのもと開催しました。
多くの子供達への可能性へのチャンスを大人たちが考えていこうと。

【参加資格】
・県大会に出場出来ないチーム。
・県大会にて3回戦以上に進めないチーム。
・クラブチームやスクールなど、公の大会に出場出来ないチーム。
・クラブチームやスクールなど、練習時間、場所の確保が限られているチーム。
・指導者がバカやアホなどの言葉を使わないチーム。

【ルール】
・3メートル5センチのリングを使用
・男子7号球 女子、混合6号球を使用
・5分 × 8セット制(セットごとにすべてがリセットされます)
・指導者がバカやアホなどの言葉を使ったら、指導者は2分間お口にチャック。
・ゾーン禁止
・ディフェンス3秒ルール