Home

JBA熊本

JBA熊本です。

JBA熊本では、選手の技術と指導者の指導力向上を目指した活動と熊本バスケット界の発展推進活動を行っています。


主な活動内容
1、情報配信事業(インターネットや機関誌)
2、イベント事業(試合やクリニック、講習会の開催)
3、スクール運営、サポート事業

お問い合わせはJBA熊本事務局まで。




私たちが更新しています!

  • umeda
    JBA熊本代表
    梅田 智之
  • higashi
    JBA熊本GM (FSBキャプテン)
    東 信克
  • higashi
    Web、広報担当カメラマン
    レン


もう一つの大会 U-12熊本リーグ 体験会

2017年2月19日(日)にもう一つの大会の体験会を開催しました。

16838019_1271837942895499_768998729_n.jpg

 

次ステージからの小学5年生の登録者向けに体験会を行いました。

2つ試験的に行いました。

1、ディビション制

 もう一つの大会によく参加している選手を中心に構成されているチームのディビジョン

 もう一つの大会にあまり参加していない選手、体験の選手を中心に構成されているチームのディビジョン

 それぞれでゲームを行いました。

 

2、3ポイントリングに当たれば1ポイント

 キャッチ&シュート(ドリブルをしていない状態)で3ポイントシュートを打ち、リングに当たったら1ポイント

 

リングにアタックし、アウトサイドのフリーの選手パス。

3ポイントシュートに自信がない子でもシュート。

そんな結果を得られました。

今後、このデータを元に、ルールについて議論を続けていきたいと思います。

 

 

【裏話】

『3ポイントシュートをチャレンジするために3ポイントがリングに当たれば1点というルールを試してみませんか?』

『狙わずにとりあえず投げることも考えられますね?そうなると意図とは違う方向にいってしまいますね』

『やりながら調整していくと良いかなと考えています。まずはチャレンジを促すことから!』

『U-12は、アタックザリムを重視したほうが良いかなと思います。』

『ポンプフェイク祭りや!』

『ネガティブな意見としては、ただ、3ポイント好きな子達がたくさん出てきそう』

『いろいろやってみるといいのでは?長所としてはよりクローズアウトの意識を強くできるかもしれませんね』

『いろいろ良いと思います。リングにアタックという目標有りきのいろいろであれば。』

『クローズアウト強まればアタックするチャンスも増えるかも』

『アタックザリムあってのクローズアウトだと思うんよねー』

『クローズアウトって何?』

『手を上げてシュート打たせないように近づくやつ。間合いを詰めるってこと』

『シュートチェックという認識ということ?それだとアタックする機会は増えるかもね。ヘルプポジションが難しくなるけん、ひとランク上のルール付になりそう。』

『よりヘルプの意識づけになるならいいですね。キャッチ&シュートの時に限定するのも有りかも』

 

と言うような、いろんな意見の後、

まずはやってみようということで、やってみました。

 

その後、、、

 

『今日の3Pリングあてルールはどうでしたか?』

『今日のような感じだったら採用で良いと思いました。懸念することが出てきたらまた話し合っていくと良いね。』

『3Pを届かせようとするあまり、シュートフォームがおかしくなる。3Pが届かない選手に対してチームメメイトがネガティブな感情を持つ。この2点に関してはどう思われますか?』

『フォームに関しては日々の積み重ねなので月1のリーグ戦で今のところは懸念しなくてもいいのではと思います。3Pを打つかうたないかという選択肢を選手に持たせて、打たない(打てない)ときは3秒ルールもあるのでDFが来たらドライブもあるとチームで促して行けるといいのではないかと思いました。ちなみにクローズアウトの意識はとても上がったように思いました!』

『コーナーで待つ意識向上は、上がったと思いました。3Pが届かない、自信がない選手もスペーシングの意識向上に繋がったと思います。クローズアウトが来るので、駆け引きしていた選手も出てきたように思います。』

 

そして、議論は続く。。。

 

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

もう一つの大会参加チーム募集中!!!!!

楽しいリーグ戦に参加しませんか?

現在、U-12リーグ戦、U-15ピックアップゲームを行っています。

完全生年月日制です。13歳、16歳の誕生日を迎えたらそれぞれ卒業となります。

お気軽にお問い合わせください。

担当 がっちゃん東

n-higashi@jbadreams.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
【Japan Basketball Academy 主催 もう一つの大会とは】

試験的な第一歩。
未来への第一歩。
将来への課題の問いかけ。

開催に至った経緯です。
日本国内の大会はトーナメントが主流のため、試合経験回数が個人によって差がとてもあります。
そのような不平等を解消すべく、以下の様な大会ルールのもと開催しました。
多くの子供達への可能性へのチャンスを大人たちが考えていこうと。

【参加資格】
・県大会に出場出来ないチーム。
・県大会にて3回戦以上に進めないチーム。
・クラブチームやスクールなど、公の大会に出場出来ないチーム。
・クラブチームやスクールなど、練習時間、場所の確保が限られているチーム。
・指導者がバカやアホなどの言葉を使わないチーム。

【ルール】
・3メートル5センチのリングを使用
・男子7号球 女子、混合6号球を使用
・5分 × 8セット制(セットごとにすべてがリセットされます)
・指導者がバカやアホなどの言葉を使ったら、指導者は2分間お口にチャック。
・ゾーン禁止
・ディフェンス3秒ルール

もう一つの大会 U-15男子 熊本ピックアップゲーム

2017年2月5日(日)に

もう一つの大会 U-15男子 熊本ピックアップゲームを開催しました。

16651548_1257947567617870_1337583894_o.jpg

合志Perfect Combustion と 熊本大津Redbears に分かれてピックアップゲームを行いました。

それぞれのコーチも入り、楽しみました。

Perfect Combustionは、何度も何度もチームルールを確認し、調整を繰り返していました。
Redbearsは、何をしなければならないのか、どうするとチャンスなのかを選手自身が考える事に重きを置いていました。
 

体格やスピードそれぞれですが、すべての選手が、利なところで勝負するという意識があるように感じました。
 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

もう一つの大会参加チーム募集中!!!!!

楽しいリーグ戦に参加しませんか?

現在、U-12リーグ戦、U-15ピックアップゲームを行っています。

完全生年月日制です。13歳、16歳の誕生日を迎えたらそれぞれ卒業となります。

お気軽にお問い合わせください。

担当 がっちゃん東

n-higashi@jbadreams.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
【Japan Basketball Academy 主催 もう一つの大会とは】

試験的な第一歩。
未来への第一歩。
将来への課題の問いかけ。

開催に至った経緯です。
日本国内の大会はトーナメントが主流のため、試合経験回数が個人によって差がとてもあります。
そのような不平等を解消すべく、以下の様な大会ルールのもと開催しました。
多くの子供達への可能性へのチャンスを大人たちが考えていこうと。

【参加資格】
・県大会に出場出来ないチーム。
・県大会にて3回戦以上に進めないチーム。
・クラブチームやスクールなど、公の大会に出場出来ないチーム。
・クラブチームやスクールなど、練習時間、場所の確保が限られているチーム。
・指導者がバカやアホなどの言葉を使わないチーム。

【ルール】
・3メートル5センチのリングを使用
・男子7号球 女子、混合6号球を使用
・5分 × 8セット制(セットごとにすべてがリセットされます)
・指導者がバカやアホなどの言葉を使ったら、指導者は2分間お口にチャック。
・ゾーン禁止
・ディフェンス3秒ルール

もう一つの大会 U-12熊本リーグ(第6ステージ  熊本-合同)

2017年2月5日(日)にもう一つの大会を開催しました。

 

16586525_1257947597617867_2098478291_o.jpg


【U-12】


熊本Redbears vs 合同Redbears
を行いました。


結果は以下の通りです。
熊本Redbears(赤) vs 合同Redbears(白)

1セット 10-2
2セット 10-6
3セット 15-1
4セット 10-6
5セット 8-6
6セット 11-6
7セット 13-4
8セット 15-5

熊本 8勝0敗0分
合同 0勝8敗0分

熊本に勝点3 合同に勝ち点1が入ります。

勝ち点
合志 6
熊本 10
合同 8

 
【MVP】

Natsu選手(熊本Redbears)

Kosuke選手(合同Redbears)

16523119_1257947657617861_1481370632_o.jpgのサムネール画像

 

【総評】

 合同チームの点数を見るとマイセット5,6点を取っています。

両チーム共、チームのルールを徹底していたことが印象的でした。

ルールを徹底することで、コンスタントに点数を取れたのではないか?

互いのチームが質を上げ続けることが、この8セットの結果になったのではないか?

メンタル部分が大きく影響するU-12世代で、流れに影響されない結果は日々のコツコツを感じさせられます。

そのようなゲームとなりました。

 

16523046_1257947614284532_628445485_o.jpg

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

もう一つの大会参加チーム募集中!!!!!

楽しいリーグ戦に参加しませんか?

現在、U-12リーグ戦、U-15ピックアップゲームを行っています。

完全生年月日制です。13歳、16歳の誕生日を迎えたらそれぞれ卒業となります。

お気軽にお問い合わせください。

担当 がっちゃん東

n-higashi@jbadreams.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
【Japan Basketball Academy 主催 もう一つの大会とは】

試験的な第一歩。
未来への第一歩。
将来への課題の問いかけ。

開催に至った経緯です。
日本国内の大会はトーナメントが主流のため、試合経験回数が個人によって差がとてもあります。
そのような不平等を解消すべく、以下の様な大会ルールのもと開催しました。
多くの子供達への可能性へのチャンスを大人たちが考えていこうと。

【参加資格】
・県大会に出場出来ないチーム。
・県大会にて3回戦以上に進めないチーム。
・クラブチームやスクールなど、公の大会に出場出来ないチーム。
・クラブチームやスクールなど、練習時間、場所の確保が限られているチーム。
・指導者がバカやアホなどの言葉を使わないチーム。

【ルール】
・3メートル5センチのリングを使用
・男子7号球 女子、混合6号球を使用
・5分 × 8セット制(セットごとにすべてがリセットされます)
・指導者がバカやアホなどの言葉を使ったら、指導者は2分間お口にチャック。
・ゾーン禁止
・ディフェンス3秒ルール

続きを読む

NEWS一覧

Home

Search
Feeds
Mobile
QRコード

ページトップへ戻る