JBAが応援する団体・個人

世界を目指す日本の大学

関東

日本大学バスケットボール部 http://www.nu-redsharks.com/
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山2−10−2(日本大学八幡山総合体育館)
監督 川島淳一  コーチ 片桐洋祐

上江田、栗原選手 USBAビッグマンガードキャンプ参加(2007年度夏)
写真は元カンザス大学の名将テッド・オーエン氏と
日大01 日大02
川島監督、片桐コーチ USBAコーチ研修会参加(2007年度夏)
写真はキャンプ参加のコーチ陣全員と
日大03 日大04

関西

大阪商業大学バスケットボール部 http://ouc.daishodai.ac.jp/sports/clubinfo/info_basket.html
〒577-8505 大阪府東大阪市御厨栄町4−1−10(体育会 バスケットボール部)
監督 樋口泰 アシスタントコーチ 島田三郎・山本正彦
藤村選手 JBAアメリカウィンターキャンプ参加(2007年度冬)
写真はウィンターキャンプ参加者と
大商大01 大商大02
樋口監督 USBAコーチ研修会参加(2007年度夏)SPUコーチ留学
写真はキャンプ参加のコーチ陣全員と
大商大01 大商大02

九州

東海大学熊本バスケットボール部
〒862-8652 熊本県熊本市渡鹿9−1−1(体育会 バスケットボール部)
監督 奥村幸生  コーチ 

久山選手 USBAビッグマンガードキャンプ参加(2006年度夏)
写真はキャンプ参加者と
九東大01 九東大02



Coach ヒロナカ

NCAAで唯一の日系人コーチ

1.ヒロナカコーチ紹介

ワシントン州シアトルにあるシアトル・パシフィック大学(SPU)男子バスケットボール部監督

就任して4年の間にチームを西地区優勝に1度、全米選手権ベスト4に一度導いている。

自身もGNAC(Great North American Conference)で2度、NBAC(National Basketball Association Coaches)から1度、年間優秀コーチ賞を受賞している優秀なコーチです。

指導者はよく猛将、闘将、知将などと形容されるが、ヒロナカコーチはまさに知将。
常に目的をしっかり見据え、冷静沈着に練習やゲームを進めていく。そして、その彼の冷静な判断、リーダーシップは、20年間一日も休むこと無く続けている朝のジョギングやタバコや飲酒をしないこと、そして食事などの自己管理能力がそうさせているのでしょう。

また、ヒロナカコーチは、現在NCAA唯一の日系人コーチ。
日本人の血(智)を引き継ぎ、バスケット大国のアメリカで活躍してくれていることは、我々日本人にとっても勇気と希望を与えてくれるはずです。

hironaka01 hironaka02

2.JBAメンバーのSPU訪問

2007年12月に開催したJBAウィンターキャンプに参加したメンバーがSPUを訪問。
参加者は男女問わず中学生から一般まで9名、初めて見るNCAA(大学)のチーム練習や公式戦を観戦してさぞかし勉強になったことでしょう。

ヒロナカコーチ お世話になりました。

spu01 spu02
spu03 spu04

3.日本人3名のコーチがヒロナカコーチのもと、指導の勉強

・樋口コーチ(大阪商業大学監督)・湯之上コーチ(JBAコーチ兼JBAエリートスクール代表)・福田コーチ(鹿屋体育大学アシスタント)

spu05 spu06
spu07 spu08